シンポジウム「青少年ネット規制法について考える」

直前のご案内となってしまいましたが、来る5月1日に、下記のシンポジウムを開催いたします。多くの皆様に是非参加していただきたいと存じますので、よろしくお願いいたします。

シンポジウム開催の目的及び趣旨

インターネットの劇的な普及と発展により、私達は多くの情報を入手し、活用し、そして発信する手段を獲得しました。その反面、インターネットには青少年に「有害」とされる情報も多く飛び交っているとの声もあり、このような情報から青少年を保護することを目的として、インターネット全体を広く規制しようという法案が現在自民・民主両党によって検討されていることは、皆様ご存知の通りです。

しかし、青少年を保護するためとはいえ、健全な情報を発信する個人やそれを支えるインターネット関連企業などにまで、情報発信・公開についての制限をかけてしまうことは適切なのかという疑問の声も多く、結果的に国家による検閲に繋がりかねないとの懸念も表明されているところです。

私どもMIAUは、これまで、独自に法案に関する検討や、青少年の健全な育成を阻害する有害情報対策案の研究・模索等を行ってまいりました。私どもとしても、青少年がインターネットを通じて犯罪をしない、また犯罪に巻き込まれないようにするための取り組みは大切だと考えており、明確に、かつ極めて限定的に定められた、現状の違法情報への取り組みを否定するものでもありません。しかしながら、現時点での法案には懸念すべき点があまりに多く、充分な議論を尽くさないままでの拙速な立法化はすべきでないと考えております。

そこで、現在検討されている法案の問題点について一般の方々への周知を行うとともに、他組織の方のご意見を伺うことによりこの問題に関する理解を更に深めるため、今回シンポジウムを開催させていただきます。

開催日時・会場

申込み方法

下記のE-mailに、4月30日中に、ご所属、お名前をお送りいただければと存じます。参加費用は無料です。

  E-mail: infoあっとmiau.jp (記号に置き換えて下さい)

一度申込みを締め切りましたがキャンセル連絡もありましたので、4月30日中まで申込みを受け付けたいと思います。二転三転して申し訳ありません。(なお、予想以上に人数が多かった場合、立ち見が出る可能性があります。予めご了承下さい)

本件のお問い合わせについては、infoあっとmiau.jp にいただきたく存じます。シンポジウム会場(キャロットタワー)へ直接問い合わせをいただいても、MIAUでは把握することができないため、よろしくお願いいたします。

次第(予定)

  1. MIAUからのご挨拶
  2.  
  3. 青少年ネット規制法案の概略とその経緯
       講師:中川譲 (MIAU幹事)
  4.  
  5. 有害コンテンツ対策を巡る論点と業界の動き、今後の展望
       講師:楠正憲(マイクロソフト株式会社 技術統括室 CTO補佐)
  6.  
  7. ネットの青少年保護についての国際動向
       講師:崎山伸夫(CPSR/Japan)
  8.  
  9. 情報リテラシーと情報モラルの側面から(演題未定)
       講師:久保田裕(コンピュータソフトウェア著作権協会)
  10.  
  11. 親による情報管理の手法と現実
       講師:小寺信良(AV機器評論家・コラムニスト)
  12. 会場・ネットからの質疑応答

みなさまの積極的なご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

著作者 : MIAU
最終更新日 : 2008-04-30 15:48:38